ADVERTISEMENT

インテグリティ/煙幕 (2019) 映画短評

2022年11月25日公開 114分

インテグリティ/煙幕
(C) 2019 Emperor Film Production Company Limited Hero Film Co., Ltd ALL RIGHTS RESERVED
くれい響

「なんそれ!」な2019年香港No.1ヒット作

くれい響 評価: ★★★★★ ★★★★★

香港映画界において、今や警察映画より主流になった汚職捜査機関・廉政公署(ICAC)の活躍を描いたサスペンス。実話ベースとはいえ、アラン・マック監督が明らかに“ICAC版『インファナル・アフェア』”を狙った作りだ。ラウ・チンワン&アニタ・ユンの『つきせぬ想い』コンビ共演シーンに胸アツになるも、タバコ業界の不正を告発した会計士が、タイトル通りドロンと消える冒頭に始まり、亀裂の入った同僚夫婦の痴話喧嘩や中国大陸を意識したエンディングなど、「なんそれ!」の連続。設定上、銃撃戦などのド派手演出が難しいだけに、過剰な劇伴やホラー演出などで盛り上げようとしているが、その空回りっぷりが妙に味わい深い。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT