シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「シネマトゥデイ」にて菅井友香さん、「TV LIFE」にて山田杏奈さん&鈴木仁さん、「CREA WEB」にて杉山真宏さん、「DVD&配信でーた」にて芦田愛菜さんなどのインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,396件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
    神回に匹敵するクオリティで畳み掛ける!
    ★★★★

    原作では中盤戦の導入となるエピソードだが、TVシリーズの神回「第19話」にも匹敵するクオリティで畳み掛ける。タイトルからは“鬼版『新感染 ファイナル・エクスプレス』(または『ザ・トレイン』)”のような展開を想像させるが、密室劇としての面白さというより、『インセプション』的夢幻世界からの覚醒ドラマと、“列車版『ザ・グリード』”な展開に熱くなる。そして、「どうしちまったんだよ、琥珀さん!」ならぬ「どうしちまったんだよ、煉?獄さん!」な登場シーンから目が離せない煉?獄さん。近接戦メインの猗窩座とのバトルを経て、LiSAが歌う「炎」の詞が染みるエンドロールまで、まさに乗ったもん勝ち!

  • スパイの妻<劇場版>
    ヨーロッパ映画のような格調高さも漂う
    ★★★★

    歴史ミステリーにして、「正義」を問うテーマ性や舞台劇のようなセリフ回しなど、一見手強い作品にも見えるかもしれない。だが、『ロマンスドール』に続いて夫婦を演じる芸達者な蒼井優と高橋一生に加え、やっぱり味のある東出昌大やキャリア最高の存在感を放つ坂東龍汰など、各々の芝居の面白さが随所に光る。展開が進むほど、不穏かつ不気味になる紛れもない“黒沢映画”だが、ヨーロッパの文芸作のような格調高さも漂い、ベネチアで評価を受けたのも納得。ただ、8Kなど、NHKの最先端技術を使用した意欲作として見ると、やや疑問が残る。大河や朝ドラを手掛けた撮影・照明チームに関しても、もっと遊び心が欲しかった感アリ。

  • アウェイデイズ
    ドラマ以上に注目したいファッションとサントラ
    ★★★★★

    11年前の作品が、いま公開されることに、妙に納得がいく一本である。時代的に『フーリガン』『フットボール・ファクトリー』という快作の後発だけに、“仲間と、喧嘩と、遠征の日常(アウェイデイズ)”の描写に関しては、二番煎じは否めない。そんななか、フレッドペリーに代表されるサッチャー政権期の労働者階級ファッションスタイル“カジュアルズ”見本市としての興味深さ。そして、ジョイ・ディヴィジョン以上にウルトラヴォックスの楽曲が流れるサントラの意外性などが、一部で本作がカルト化されている所以だろう。明らかに『さらば青春の光』を意識したであろう後半の叙情的な展開は、好みが分かれるかも。

  • みをつくし料理帖
    予想以上に高まる、角川映画オールスターズの出演
    ★★★★

    『この世界の片隅に』のすずとリンにも似た、Wヒロインの料理人・澪と花魁・あさひ太夫のシスターフッドな関係性。そのため、ドラマ版ですず役だった松本穂香が澪を演じる、なるほど!なキャスティングである。往年の角川映画オールスターズの出演シーンは想像以上に高まるうえ、その中で楽しそうに芝居する藤井隆の「BEST HIT TV」感がヤバい! もちろん、飯テロ映画としても楽しめるが、原作前半のダイジェストにも見える展開の速さながらも、1シーン1シーン丁寧に撮られており、好感度高し。(いろんな意味で)ブッ飛んだイメージの強い角川春樹監督作とは思えないほど、温かみを感じさせる映画に仕上がっている。

  • 薬の神じゃない!
    “中国版『ダラス・バイヤーズクラブ』”どころじゃない!
    ★★★★

    ハゲ頭が特徴的なシュー・ジェンの髪がフサフサなだけで笑えるが、彼をブレイクさせた『クレイジー・ストーン~翡翠狂騒曲~』のニン・ハオ監督がプロデューサーで参加しており、ストーリーの面白さもお墨付き! 白血病の治療薬であるインド産のジェネリック薬を巡る実話を基にした話だけに、“中国版『ダラス・バイヤーズクラブ』”ともいえるが、こちらは金儲けのつもりがマジになってしまう主人公の下に集まったはみだし者の関係性が、より泥臭く、人情ドラマも熱い。さらに“本物か偽物かは、認証がすべて!”な中国政府の胡散臭さも明らかになったりと、エンタメと社会派を行ったり来たりの117分である。

全1,396件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク