シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『サイバー・ミッション』『ギャングース』『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて笠松将、「TV LIFE」にて葵わかなインタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全888件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 移動都市/モータル・エンジン
    出オチ感ハンパない“ピージャクの動く都市”
    ★★★★★

    “都市が都市を喰らう”オープニングのスケールのデカさに加え、スチームパンクな世界観に圧倒される。だが、そこからは失速しまくり。身内の裏切りやレジスタンスの存在など、既視感しかないジュブナイルSFが展開し、「“実写で『ハウルの動く城』”やってんじゃん!」な流れが続く。そして、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』オマージュにしか見えないクライマックスに突入! 孤高のヒロインと人造人間(ストーカー)の関係性や、ガジェットのデザインなどは興味深いものの、やはりヒューゴ・ウィーヴィング以外、しっかりスターオーラを放つキャストが不在で、129分の尺を引っ張るのは、かなり厳しかった。

  • アリータ:バトル・エンジェル
    あと15年早く実現してれば!!
    ★★★★★

    確かに原作愛を感じる脚色ではあるし、近年の3D映画の中でも遊び心たっぷりの特殊効果も用意されているが、『カイト/KITE』まで実写映画化されたご時世に、『ゴースト・イン・ザ・シェル』と同様、「せめて、あと15年早く実現してれば!!」という仕上がりだ。ピグマリオンコンプレックスのおっさん萌えという設定自体、かなり擦られすぎているうえ、異形サイボーグのヴィジュアル&バトルも既視感がありすぎる。ただ、当初は問題視されていた“デカ目”はそこまで気にならないし、ジョン・マクティアナン版『ローラーボール』の酷さを思い起こしてしまうほど、“モーターボール”の試合シーンは、見応えアリ!

  • 笑顔の向こうに
    主演・高杉真宙だから許される世界観
    ★★★★★

    歯科技工士といえば、『ハッシュ!』で片岡礼子が演じた孤独な女のイメージがあまりに強かったが、そこは日本歯科医師会が全面協力の本作。プロのお仕事として、偏見なく、しっかり描いている。彼らは直接、患者(ときには医師とも)と会うことがないといわれるだけに、丹古母鬼馬二演じる老人の義歯をめぐる噛み合わせと人間関係を絡めたエピソードは、多少強引な展開ながら納得。基本、いい人しか登場しない展開には不満が残り、世間一般のキラキラムービーと比べても、まったく狙いのないラブストーリーなど、主演が眩しいほどの清潔感・透明感を放つ高杉真宙だから許される世界観も、なかなか興味深い。

  • THE GUILTY/ギルティ
    ハリウッドリメイクされたら失敗する底の浅さ
    ★★★★★

    ぶっちゃけ、香港リメイクされた『セルラー』や『ザ・コール 緊急通報指令室』あたりを、『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』寄りに調理しただけ。また、18年のサンダンスで観客賞を分け合った『search/サーチ』との共通点も多く(真犯人の“弱さ”まで!)、過大評価されすぎてる感アリ。ただ、視覚的にも情報過多だった『サーチ』に比べ、あまりに情報量がなく、観る者(聴く者)の想像力が試される展開と、デンマーク映画として「ドグマ95」にも近い不気味な空気感との相性が良く、そこがさらなる不安感を煽っている。そのため、ハリウッドリメイクされた場合、その魅力が一気に損なわれるだろう。

  • 翔んで埼玉
    ケレンミたっぷりの裏フジテレビ映画
    ★★★★★

    ネタ的に「月曜から夜ふかし」「さんま御殿」要素が強いが、日本テレビでなく、フジテレビ映画。とはいえ、王道路線でなく、「ぼくたちの映画シリーズ」な変化球。徹底して、宝塚ノリで突っ走るトンデモ革命物語を、武内英樹監督は『テルマエ・ロマエ』以上にケレンミたっぷり、スケール感たっぷりで描く。しかも、これを「都市伝説」に変更した、いちげんさんも入りやすい脚色は正解だ。白塗り&ふんどし姿で登場してくれる麿赤兒など、『テルマエ』とは別の意味で濃ゆいキャスティングも文句なし! 原作者・魔夜峰央が『パンツの穴』にゲスト出演して35年、まさか鈴木則文監督テイストがこんな形で復活するとは!!

全888件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク