くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『神は見返りを求める』『フォーエバー・パージ』『義足のボクサー GENSAN PUNCH』『さよならバンドアパート』『レイジング・ファイア』『山歌』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「CREA WEB」にて平井亜門さん、「GetNavi web」にて見上愛さん、「MOVIE WALKER PRESS」にて小野花梨さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全2,041件中1~5件を表示しています。 Next »
  • バビロン
    さらに、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
    ★★★★★

    デイミアン・チャゼル監督が映画創成期を描くとはいえ、『グッドモーニング・バビロン!』なちょっといい話じゃなく、ケネス・アンガーが暴露った「ハリウッド・バビロン」の方! セレブたちのゴシップやスキャンダルなど、セックス・ドラッグ・ジャズな日々が目まぐるしく描かれる。軸となる監督志望の青年と新人女優の成功物語こそ、『ラ・ラ・ランド』ふたたびな趣だが、とにかく下世話で悪趣味。トビー・マグワイアの登場シーンに至っては、まるでタランティーノ作品を観てるようなヤバさだ。こんなご時世だけに、好き嫌いハッキリ分かれる一作だが、“今年の『エルヴィス』枠”ともいえるハンパない熱量と狂気に酔うべし!

  • ベニー・ラブズ・ユー
    子供部屋おじさんVS.殺人ぬいぐるみ
    ★★★★★

    “ホラー版『テッド』もしくは、血まみれ『トイ・ストーリー』”がようやく日本公開。限りなく『エルム街の悪夢』な劇伴流れる導入から80`s映画愛たっぷりで、ちゃんとエルム街に住む子供部屋おじさんの主人公(カール・ホルト監督)と限りなく「セサミ」のエルモなベニーの愛憎劇は悪趣味ながら、ちょっと切ない。ロボ相手に日本刀やサイを繰り出すバトルやゾンビ映画な演出が映えるオフィス休憩所の残虐シーンも良き。「短編を長編に延ばしました」な1アイデア感は否めないが、『サイコ・ゴアマン』『キラー・カブトガニ』同様、レイヴン・バナー社が発掘した一本だけに、同じ愛らしさを感じずにはいられない。

  • #マンホール
    “こわれゆく” 中島裕翔
    ★★★★

    スマホ1つで立ち向かう、ほぼワンシチュエーションの脱出劇。「親愛なる僕へ殺意をこめて」の岡田道尚によるオリジナル脚本だけに、いろんな意味で容赦なく、近年影を潜めていた熊切和嘉監督作らしい人間の闇や醜さ、狂気がジワる。それに伴い、クールなイメージが強い中島裕翔がブッ壊れていくのが見どころだ。タイムリミット迫るスリリングな展開ともに、ポスタービジュアルの「#」が「女」に見えることや、まさかの超展開など、さまざまな仕掛けも用意。半ば強引なところや昨年公開の某作とのカブりもあるが、それも気にならない99分のプログラムピクチャーとしての醍醐味を感じられるところに、★おまけ。

  • コンパートメントNo.6
    居心地の悪さが親密さへと変わっていく空間
    ★★★★

    ロキシーミュージック「Love is The Drug」から始まる“世界の車窓からの、ひとり旅映画”。朝方のモスクワを出発する寝台車の「個室6号室(原題)」を軸に展開するフィンランド人学生とロシア人炭鉱夫の心の交流自体、目新しいものでなく、カンヌ映画祭グランプリ受賞作にしては地味な印象が強いかもしれない。ただ、『オリ・マキの人生で最も幸せな日』のユホ・クオスマネン監督らしい優しさとユーモアが散りばめられ、モンゴルのロックバンドの楽曲を使うセンスも抜群。『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』ばりの会話劇としての面白さに加え、個室の狭さが居心地の悪が親密さへ変わっていく空間の変化にも注目だ。

  • 崖上のスパイ
    雪景色に映える、チャン・イーモウ流フィルム・ノワール
    ★★★★

    昼夜問わず、屋外のシーンは美しい雪景色で、そこに溶け込んだ黒いハットとコート姿のスパイたちが映えまくる。そんな『SHADOW/影武者』のスタイリッシュさにも似た黒と白のコントラストに圧倒される、チャン・イーモウ監督流フィルム・ノワール。男女4人が2班に分かれての抗日作戦がクールに描かれるなか、監督の前作『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』に続くチャン・イーとリウ・ハオツン演じる年齢の差ペアが離れ離れになる中盤以降のトーンダウンは否めない。だが、二重スパイも明らかになる駆け引きや痛さ伝わる拷問、カーチェイスやお涙頂戴なメロドラマまで盛り込んだサービス精神に、★おまけ。

全2,041件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク