シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ギャングース』『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて玉城裕規、「TV LIFE」にてJ☆Dee'Zインタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全853件中1~5件を表示しています。 Next »
  • グリンチ
    良くも悪くもイルミネーション作品
    ★★★★★

    今となっては『アングリーバード』などの元ネタだが、「スクルージ」の影響をモロに受けている原作絵本。かなりティム・バートンの世界観に寄せたロン・ハワード監督の実写版に比べると、毒は薄めで、かなりファミリー向けな仕上がり。日本語吹替の大泉洋の起用は、実写版のジム・キャリーありきのようにしか思えなくないが、イルミネーションテイスト全開なグリンチの相棒犬・マックスの可愛さに、グリンチのモフモフ感などのCG技術、さらに今度こそはのダニー・エルフマンによる劇伴などは、今回の大きな注目ポイント。ちなみに、短編『ミニオンのミニミニ大脱走』は、おまけ感が強いため、過度な期待は厳禁!

  • おとなの恋は、まわり道
    獣になった私たち
    ★★★★★

    まさに『或る夜の出来事』な王道パターンのうえ、ウディ・アレンや『ビフォア・サンライズ』シリーズからの影響もかなり強い。よって、二人だけに焦点を絞ったリゾート・ウェディング招待客あるある映画にしては、オリジナリティは皆無に等しい。とはいえ、4度目の共演にしては、妙に新鮮なキアヌとノニー(死語)の掛け合いは、やはりたまらない、というか胸に来るものがある。ピューマを威嚇するキアヌに、終始不機嫌なノニー。タダ券使って足マッサージからの、青空の下、野獣になってしまう2人。とにかく、脂の乗り切った二人の芝居を堪能できる一本なので、2人のファンだった人ならマスト!

  • ハード・コア
    ぽんこつロボットとの絶妙な掛け合いが笑いを誘う
    ★★★★★

    ダメ人間の見本市のような原作の世界観を愛する、山下敦弘監督独特のユルさがクセになる。しかも、プロデューサーでもある山田孝之に直で口説かれた佐藤健が“秒で出演を決めた”だけに、終始死んだ目をした彼が『億男』よりも遥かにいいのだ。主人公3人と『少林寺木人拳』入ったロボオとの絶妙な掛け合いも笑いを誘う。とはいえ、仕上がりは完全に山下映画なので、汗水垂らし、涙する原作のクサいほど熱い感情表現は欠けている。そういう意味では、『愛しのアイリーン』のように観客に訴えかけるものは少なく、オリジナルのラストもポカーンで終わってしまう可能性も高い。ただ、後々カルト化される可能性は高い。

  • へレディタリー/継承
    古典を継承したうえで見えてくる、新たな恐怖
    ★★★★★

    ウェス・アンダーソン的な箱庭世界から始まるオープニングから、不穏な雰囲気を醸し出し、『クワイエット・プレイス』同様、子役の巧さもあって不気味さは倍増。とはいえ、『ローズマリーの赤ちゃん』『普通の人々』といった古典ホラー&ホームドラマから影響を受けた本作は、衝撃的なラストなど、同じ「A24」スタジオ作品である『アンダー・ザ・シルバー・レイク』にも通じるカルトムービーとして仕上がっている。確かに、伏線回収だけでなく、さまざまな首チョンパや『シャイニング』のシェリー・デュヴァル的なトニ・コレットの顔芸もなかなかだが、雰囲気づくりのために費やされた127分の長尺など、過大評価されている感も否めない。

  • THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~
    モッズへのこだわりからにじみ出る、カッコ良さと不器用さ
    ★★★★★

    結成から32年、頑なにモッズにこだわるコレクターズのカッコ良さと不器用さが出まくっている。過去映像や関係者インタビューなど、今も根強い日本のモッズシーンを知るうえでも重要な一本で、加藤ひさしの「スーツ講座」や古市コータローの「フレッドペリー講座」など、改めてファッション性の高さも教えてくれる。ライブ後の加藤の発言など、年齢を感じさせる件もありながら、とにかく印象的なのが少年のような笑顔だ。そして、このタイトルながら、あくまでも旧新宿LOFTを目指していたという、彼らの発言ニヤニヤ。その一方、この“小箱”の功績について、ほとんど語られていないのは、ちょっと悲しい。

全853件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク