シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『逆光の頃』『二度めの夏、二度と会えない君』『チェイサー』『RE:BORN 』『イップ・マン 継承』『笑う招き猫』『聖ゾンビ女学院』『ホワイト・バレット』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「CREA WEB」にて大森元貴(Mrs. GREEN APPLE)、「TV LIFE」に広瀬すず×是枝裕和監督のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全647件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ローガン・ラッキー
    ぶっちゃけ、『オーシャンズ』より面白い!
    ★★★★

    どこか『ワイスピ』感もあるポスターヴィジュアルながら、そこはネタにもしてしまうソダーバーグ監督復帰作。『パターソン』に続き、もっさり感満載のアダム・ドライバーに、『レイヤー・ケーキ』の頃の狂気を感じさせるダニエル・クレイグら、芸達者な役者それぞれに見せ場を用意、爽快なタネ明かしまで楽しませるオフビート・コメディとして見応え十分だ。こちらもネタにしている『オーシャンズ』シリーズのような派手さや、スピード感はないものの、ない知恵を振り絞り、アナログなテクで強盗計画に挑む愛すべきダメ人間たちへの賛歌として、コーエン兄弟らしさもあり、ソダーバーグに思い入れのない方が心底楽しめる気もする。

  • ジグソウ:ソウ・レガシー
    サスペンス多め、グロ控えめの新シリーズ
    ★★★★★

    7年ぶりの復活となったハロウィンの風物詩。三代目ジグソウに、初代の嫁まで出て、カオス状態になったため、初代死後10年後という仕切り直しは正解だ。『デイブレイカー』『プリデスティネーション』のスピエリッグ兄弟監督だけに、サスペンス要素多めで、グロ控えめ。邦題にレガシーとありながら、同時進行でジェイソンならぬ「ジグソウは生きていた!」で引っ張る展開も悪くない。4作目以降と比べれば、強引さも少なく、豚に対する想いなど、オマージュ的な描写も見られ、それなりにいい仕事してます。とはいえ、デスゲームのアイデア&参加者のリアクションのモノ足りなさは否めず。そして、やっぱり「ゲームオーバー」がないと締まらん!

  • HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION
    SWORD祭りの終わりじゃあああ!
    ★★★★★

    『ワイスピ』意識しまくりの副題だが、ベニー・チャン監督作風な爆破やシチュエーションのほか、『インファナル・アフェア』に『ドラゴン×マッハ!』と、シリーズ最大級に香港映画テイスト強め。コブラをめぐる往年の学園ドラマのような展開に、引っ張りまくるスモーキーの行く末、ボンネット日向の斜め乗りなど、観たいものは魅せてくれるが、前作であれだけ大風呂敷を広げてしまっただけに、まだまだモノ足りない感アリ。ゾンビが出ない『バイオハザード』な強引すぎる展開や、本筋に女子供を絡めることで失速するトラップに、しっかりハマっているのもご愛嬌。なにはともあれ、SWORD祭をまとめ上げたたことに拍手を送りたい!

  • 不都合な真実2:放置された地球
    環境問題“も”学べる、元副大統領の奮闘記
    ★★★★★

    特にヒネりもなく地球温暖化を訴えるアル・ゴアの講演旅行に密着したシンプルなドキュメンタリーの前作から十年、まだまだ続くゴアの戦いの日々を追い続ける第2弾。政治色はかなり影を潜め、万人も分かりやすく現状が語られる一方、COP21の直前に行った生配信では、パリ同時多発テロ事件の影響を受けてしまうなど、予想外のハプニングも見どころ。そして、パリ協定離脱を表明したドナルド・トランプという新たな敵の存在…。冒頭で前作で受けたバッシングをしっかり描くあたりは共感も持てる。本作で描かれるもの、すべてを鵜呑みにするのはどうかと思うが、環境問題“も”学べる元副大統領の奮闘記として観るのがベターかもしれない。

  • シンクロナイズドモンスター
    じつはホラー要素もある愛憎劇
    ★★★★★

    なぜ、日本じゃなく、韓国?という点も含め、SFファンタジーとしても、かなりブッ飛んだ設定だが、怪獣とシンクロた炎上ライターと、巨大ロボットとシンクロした彼女の幼馴染を中心とした、ドロドロな愛憎劇である。まるで舞台劇のような閉鎖された空間に、女1人:男3人の構図、ドタバタしてる割には爆笑に繋がらない狙った笑いなど、いかにも『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』のナチョ・ビガロンド監督の作品らしい。結果的に『レイチェルの結婚』にも近い、いかにもアン・ハサウェイらしい女性映画として着地するが、コメディアンのイメージが強いジェイソン・サダイキスによるホラー芝居も目を見張るものがある。

全647件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク