シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、映画やCDでAKB48のオフィシャルを担当するなど、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『イップ・マン 継承』『笑う招き猫』『聖ゾンビ女学院』『ホワイト・バレット』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「DVD&ブルーレイでーた」にて『怒り』監督×キャスト、「CREA WEB」にて志尊淳のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

⇒映画短評の見方

くれい響 さんの映画短評

全520件中1~5件を表示しています。 Next »
  • バーニング・オーシャン
    同じ主演・監督コンビながら、『ローン・サバイバー』に及ばず
    ★★★★★

    バカ映画の極みだった『バトルシップ』から、徹底して硬派な『ローン・サバイバー』という、あまりの振り幅の大きい作品を手掛け、職人臭が一気に増したピーター・バーグ監督。ふたたびマーク・ウォールバーグを主演に迎え、今回もリアリティ重視のお仕事映画に挑んだが、ひたすら事実関係を並べただけで終わってしまった感アリ。確かに、泥水噴射~大爆発~大火災へと続く、災害つるべうちはかなりの迫力なのだが、火災繋がりで『バックドラフト』のカート・ラッセル、憎まれ役でジョン・マルコビッチが出ようが、期待したほど見せ場はなし。よって、パニック映画としての醍醐味も、カタルシスも、あまり感じられない結果になった。

  • 美女と野獣
    すべてはストーンじゃない方のエマ次第。
    ★★★★★

    ディズニー版実写化にして、ジャン・コクトー版を知らない世代向けに、そつなく仕上げた本作。CMでの「エマ、サイコー!」なゴリ押し感でも分かるように、ベル役のエマ・ワトソンに対する評価次第で、作品の評価も変わるといえる。人気・実力を考慮し、彼女以上の適任者は今いないにしろ、あの美貌で、あの名曲を歌っても、やはりベルには見えない違和感。『シンデレラ』のリリー・ジェームズよりは全然マシだが、『ラ・ラ・ランド』を蹴り、こちらを選んだのは運命の悪戯にも…。ガストン役のルーク・エヴァンスの健闘は認めたいが、今後も続くディズニー実写化の流れ。別にイギリス勢にこだわらない方がいい気もする。

  • イップ・マン 継承
    アクションはもちろん、“俳優ドニー・イェン”も堪能せよ!
    ★★★★★

    アンソニー・ウォン主演『イップ・マン 最終章』と時代設定は被るものの、さすがはウィルソン・イップ監督による正統シリーズ第3弾。『ロッキー4』だった前作から一転、“夫婦愛”という切り口を前面に打ち出し、“俳優ドニー・イェン”も堪能できるドラマティックなカンフー映画に仕上がっている。3分ピッタリ(!)で描くマイク・タイソン演じる不動産王との一戦も、『グランドマスター』の世界から乱入したマックス・チャンが泣かせる親子鷹(スピンオフ製作決定)とのエピソードも素晴らしいが、『ドライヴ』オマージュにとれる中盤のタイ人刺客とのエレベーター・バトルの緊迫感たるや! いろんな意味でジワジワ来ること間違いなし。

  • グレートウォール
    オールスター・ムダ遣い大会!
    ★★★★★

    オタク心をくすぐる怪獣映画を連発し、中国市場で暴走するレジェンダリー・ピクチャーズだが、『ウォークラフト』に続いてやっちまったことで、CEOのクビも飛んだトンデモ超大作。「進撃の巨人」「テラフォーマーズ」に、ちょいと「沈黙」も加えてみたものの、ヌンチャク太鼓の轟音が鳴り響くオールスター・ムダ遣い大会に! チャン・イーモウ監督も雇われ感満載で、何のカタルシスも感じさせない演出のうえ、持ち味である性悪感も皆無。当初のエドワード・ズウィックのままだったら、もうちょいマシだったのでは?と思うが、“レジェンダリーの姫”ことジン・ティエンとルハンだけは、アニメ・キャラぽい役割を果たしたので、★おまけ。

  • ワイルド・スピード ICE BREAK
    ブライアンへの想いを胸に、仕切り直しの三部作始動!
    ★★★★

    キューバでの公道レースから始まる展開に、原点回帰を感じたのも束の間。今やなんでもアリの『ワイスピ』だけに、ドムと元婦警・エレナの子が登場。ほぼイモータン・ジョー思考なシャリ姐の差し金で、ドムが“ファミリー”を裏切る事態に突入する。今回も新キャラ加入アリの“全員主役”モードのなか、中坊のようにロック様と張り合いながら『ドラゴン×マッハ!』~『ハードボイルド』をコピるステイサムが美味しい。売りの潜水艦とのチェイスはもちろん、NY中の車両がゾンビ化するカーバトルなど、開いた口が塞がらない136分。ぶっちゃけ、『トリプルX』との相違は皆無に等しくなったが(笑)、ドムが放つ最後の一言は号泣必至だ!

全520件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク