くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『レイジング・ファイア』『少年の君』『唐人街探偵 東京MISSION』『星空のむこうの国』『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「TV LIFE web」にて小栗有以さん、カミングフレーバーさん、「GetNavi web」にて桜井ユキさん、「CREA WEB」にて井上祐貴さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,759件中1~5件を表示しています。 Next »
  • おじドル,ヤクザ
    まっすぐゆえに、愛おしく見える
    ★★★★★

    タイトルだけだと、かなりキワモノ感満載に見えるが、潔癖症なヤクザと地下アイドルという、不器用な同世代のおっさんの交流を描いたオフビート・コメディ。まっすぐなゆえに、“あずぽん”(活動拠点が下北沢CLUB251!)のキャラが次第に愛おしく見えてくる妙な面白さに、たしろさやか演じる一服の清涼剤的存在なヒロインとのエピソードがいきなり転調するVシネ感。とはいえ、“あずぽん”の古参ファン3人衆の活躍など、基本は王道の人情ドラマで構成されており、粗削りながら、なかなかの見応え。トラウマを背負った時代遅れのヤクザを好演し、監督・脚本・音楽なども担当している大川裕明の多彩っぷりを堪能できる。

  • フタリノセカイ
    随所に監督の優しさがにじみ出る
    ★★★★

    坂東龍汰と片山友希という若手実力派といえる2人の俳優が、トランスジェンダーとして葛藤する彼とその彼女という、かなりハードルが高い役どころを好演。なかでも、アドリブで演じ切った喫茶店のシーンは、見どころといえるだろう。“2人の世界”の前に立ちはだかる現代社会の厳しさをリアルに描きつつも、自身もトランスジェンダーである飯塚花笑監督の優しさが随所ににじみ出ており、いつの間に観客も2人の行く末を温かく見守ることに……。予算の問題もあってか、いろいろ詰めの甘さも目立つものの、十年に及ぶ愛の物語を83分でテンポ良く描き切った点と、賛否ありながらも希望を感じられるラストに、★おまけ。

  • バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
    ポール・W・S・アンダーソンは偉大だった!?
    ★★★★★

    原作ゲームには登場しないアリスを主人公に迎えた前シリーズの完結から、5年で始まった新シリーズ。今度はしっかりゲーム1作目と2作目の世界観に寄せ、舞台を洋館と警察署に設定。クリスとクレア兄妹を始め、おなじみのキャラを登場させつつ、キャスティングに関しても、そこそこクリアはしている。ただ、前シリーズのトンデモ展開や派手なアクションがないのは分かりつつも、いかんせんドラマ性に欠け、それぞれのキャラの魅力も引き出されず。さらに、ヨハネス・ロバーツ監督が狙った「ジョン・カーペンター作品のダークなトーン」が的外れで、『海底47m』シリーズの閉塞感も皆無。まさかの出来に驚くばかりだ!

  • きみは愛せ
    いつの時代も「愛だろ、愛っ。」
    ★★★★★

    劇場デビュー作『愛うつつ』に続き、葉名恒星監督が“愛しているからこそ抱けない”男を描きつつ、観る者に愛について問う青春群像劇。冬の金沢の街並みやビル屋上でのロケーションなどは味わい深く、『佐々木、イン、マイマイン』を経た細川岳は、どこか満たされない遊び人という、今度はなかなか共感しにくいキャラだが、もはや武器ともいえる切ない笑顔で好演。とはいえ、胸が締め付けられる物語を引っ張るのは、彼の妹を演じる兎丸愛美の存在感。とにかく『COME & GO カム・アンド・ゴー』に続いて、幸薄女の色気が半端ないのだ。それだけに、彼女の共依存の対象となる“権力者”に魅力を感じないのは悔やまれるところ。

  • フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
    モノクロやアニメへの切り替わりも絶妙な“体感する雑誌”
    ★★★★

    1本のハードボイルドなレポートと、3本の予測不能なストーリーがオムニバス形式で綴られる“体感する雑誌”。アート・青春・サスペンス&グルメと、多様なジャンルを扱いながら、どれもウェス・アンダーソン監督しか撮れないウェルメイド感満載。もちろん、相変わらずトゥーマッチな情報量ゆえに、そのトリップ感は半端なく、画角だけでなく、モノクロやアニメへの切り替わりも絶妙だ。いきなり急死するビル・マーレイや完璧すぎる裸体を披露するレア・セドゥといったウェス組常連はもちろんのこと、おヒゲ姿もキュートなティモシー・シャラメやべ二チオ・デル・トロら初参加組が、かなりのインパクトを残している。

全1,759件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク