シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『逆光の頃』『二度めの夏、二度と会えない君』『チェイサー』『RE:BORN 』『イップ・マン 継承』『笑う招き猫』『聖ゾンビ女学院』『ホワイト・バレット』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「CREA WEB」にて大森元貴(Mrs. GREEN APPLE)、「TV LIFE」に広瀬すず×是枝裕和監督のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全614件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟
    西田店主があなたのお悩み解決!
    ★★★★★

    『イルマーレ』の発展形といえる設定だが、『余命1ヶ月の花嫁』の監督・脚本家コンビだけに、ある程度の出来は予想が付くだろう。西田局長…いや店主のお悩み相談を軸に、5つのエピソードが入り組んだ東野圭吾の原作をまとめた斉藤ひろしの脚本は、人情ドラマとしてクリアしているし、廣木隆一監督だけにベタな演出では観客に涙を強制しない。そして、物語のカギとなる劇中歌が、山下達郎が歌う主題歌にバトンタッチされる演出もなかなかだ。ただ、個人差はあるが、どこかバタ臭い部分はあり、好演している山田涼介のメイクや林遣都の歌、手塚とおるの表情など、やりすぎ感もある。というわけで、そういうツッコミをしない人向けといえる。

  • スイス・アーミー・マン
    死体と遊ぶなポール・ダノ
    ★★★★★

    『バーニーズ あぶない!?ウィークエンド』のようなベタなコメディかと思いきや、MV出身の監督コンビだけあって、スパイク・ジョーンズ&ミシェル・ゴンドリーの影響強し。そのため、初期設定ありきで、ハマらないとかなりキツい。無人島生活で、スイス・アーミー・ナイフばりな便利アイテムと化すダニエル・ラドクリフ演じる死体は、確かに面白いが、彼の怪演もポール・ダノによる受けの芝居ありきで引き立つのが分かる。そんな2人が終始イチャイチャし、明らかに腐女子向けな描写もあるなど、応援上映などで、カルト化しそうな気もするが、やはり脚本の弱さが目立つ。メアリー・エリザベス・ウィンステッドのキャスティングに★おまけ。

  • ソウル・ステーション/パンデミック
    まるで別人が撮ったような前日譚
    ★★★★★

    『新感染』の冒頭で、列車に乗り込んできたシム・ウギョン演じる“あやしい彼女”がヒロインの前日譚アニメ(もちろん、ウギョンが声の出演)。とはいえ、極上のエンタメだった『新感染』とは対照的に、ヒモ同然のゲス男から逃げ出す元風俗嬢のヒロインに、ひっそり死んでいくホームレスの第一犠牲者など、社会派アニメ作家としてのヨン・サンホ監督のガチ度が強い、クセのある仕上がりだ。もちろん、相変わらず単調で、キャラの躍動感が感じられないうえ、イヤ~なドンデン返しのオマケ付き。まるで別人が撮ったように見えるかもしれないが、これぞ監督の真骨頂! どハマリした後、来月公開の前作『我は神なり』で打ちのめされるのもアリ。

  • ユリゴコロ
    ラブ&デスノート
    ★★★★

    熊澤尚人監督が『ここさけ」を挟み、テイストが違う「過去編」「現代編」を撮っているだけに、2本の作品を観てるようなボリューム感。“イヤミス”とはいえ、結局のところラブストーリーである原作も、若干強引さもありながら、巧く脚色している。妙に気合いの入ったリスカや、ポール・バーテルもビックリ!なフライパン殺人など、ショッキングな描写もあるが、とにかく今村圭佑による撮影が際立っており、「過去編」の幻想的な映像美は女性ウケしそうだ。『ヒメアノ~ル』のプロデューサー陣だけに、佐津川愛美の使い方は今回も面白いが、やっぱり吉高! 『横道世之介』に続き、80年代の空気感を醸し出せる稀有な女優と再認識させられた。

  • スクランブル
    クラシック・カーを狙う雨宮兄弟!?
    ★★★★★

    『ICE BREAK』で“ファミリー”入りしたスコット・イーストウッド主演のカー・アクションだが、『ワイルド・スピード』的パリピなカツアゲ系でなく、『ミニミニ大作戦』『バニシングin60″』的牧歌的な盗人系。デビュー作『トランジット』では犯人が乗るシボレーをムダに活躍させたアントニオ・ネグレ監督作だけに、ありふれたドンデン返しも入った脚本は二の次。“映画にはいい女とそれなりのアクションがあれば十分!”というリュック・ベッソンイズムを受け継ぐピエール・モレル製作の下、フェラーリ、ブガッティなど、クラシック・カー品評会としての見どころも用意し、及第点クリア。ただ、白Tなど、普段着フがラフすぎる!

全614件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク