シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ボス・ベイビー』『友罪』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「TV LIFE Premium」にて松坂桃李・中村倫也、「CREA WEB」にて勝矢インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全728件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 50回目のファーストキス
    リメイクとしても、福田雄一監督作としても大成功!
    ★★★★

    主人公2人ら、オリジナルが醸し出すキャラクターの愛おしさを、日本人キャストで再現できた時点で大成功! 主人公が天文学の研究者という脚色もロマンスを盛り上げるなど、福田雄一監督には今後、“海外コメディのリメイク路線”も極めてほしいと思わせる一作となった。しかも、福田作品の常連・ムロツヨシ&佐藤二朗に至っては、オリジナルの世界観を壊さない程度に、自身のフィールドにも持って行くのだから天晴。唯一惜しむべきは、『月とキャベツ』『秒速5センチメートル』に続く、“「One more time, One more chance」映画”でありながら、オトナの事情からか、平井堅の主題歌が流れてしまうことだ。

  • OVER DRIVE
    真剣佑マジックに酔え!
    ★★★★★

    哀川翔の『SS/エスエス』など、これまでもラリーを扱った日本映画はあったが、羽住英一郎監督作だけに、ザッツ・ハリウッドなアプローチ。ドローンを活用したダイナミックな撮影に、兄弟やライバル、相変わらずミスキャストな森川葵演じるヒロインなどのキャラ、強引に感動へ持っていく展開など、ベタの応酬だ。とはいえ、『パシリム2』では残念な結果に終わった新田真剣佑主演作として観ると、見え方が変わってくる。日本人がやると、様にならない何気ない仕草やポージングを決めまくり、スターオーラが出まくっているのだ。そんな真剣佑マジックは、吉田鋼太郎ら、あの『ワイルド7』のキャストが放つ負のオーラが消えてしまうほど!

  • ファントム・スレッド
    P.T.A.が”仕立て屋の恋”を撮ってみた。
    ★★★★

    後を引くオチも含め、まるで良質な短編小説を読んだときのような感触だが、尺的には130分。それでも長尺を感じさせないのは、さすがP.T.アンダーソンの力量。『レベッカ』『めまい』など、ヒッチコック作品のゴシック・ロマンの系譜を感じさせながら、すべてが計算された完成度の高さはキューブリックの域まで達する。息を呑むほど、美しくも恐ろしいシンデレラストーリーで魅せる、ダニエル・デイ=ルイスの圧倒的な存在感。オスカーは逃したものの、自身にも重なるこだわりの職人役で、俳優として有終の美を飾ったことに、誰も異論を唱えないだろう。にしても、日本で『恋は雨上がりのように』と同時公開されるのは、ちょっと面白い。

  • 恋は雨上がりのように
    キャスティングがあまりに絶妙!
    ★★★★

    「スピリッツ」連載の原作だけに、キラキラ系とは一線を画す映画化だが、一種のファンタジーであることに変わりない。そのため、どこまでリアルに見せるかが勝負どころだが、『帝一の國』を成功に導いた永井聡監督だけに、心配ご無用。小松菜奈と大泉洋という、キャスティングがあまりに絶妙なのである! 確かに、大泉演じる店長の心情を描き切れてない感もあるが、長編デビュー作『ジャッジ!』から見られるキャラ捌きの巧さや原作ファン納得のラスト、イヤミのない市橋織江の撮影など、小品ながら原作愛満載のウェルメイドな一作に仕上がった。このタイミングでの公開は厳しいかもしれないが、観た後に前向きになれることを約束する。

  • デッドプール2
    こっちのジョシュ・ブローリンも強いぞ!
    ★★★★

    「死侍」のネオンきらめく香港戦から始まる、無責任ヒーロー・デップー續集。未来からの暗殺者から暴走小僧を守るため、寄せ集めチームを結成する流れは、まさに『ターミネーター』×『ワイルド・スピード』なノリ。『セイ・エニシング』の名シーンの完コピで泣かせ、ケーブル演じるジョシュ・ブローリン相手にサノスねたも飛び出すなど、お約束のパロディ&メタ構造が止まらない。さらに、ムダ遣いなカメオ出演など、『LOGAN/ローガン』でハードルが跳ね上がったオトナ向けマーベルの先駆けの意地を見せつける。『キングスマン』同様、前作を超える衝撃はないが、監督が代わっても、ここまで前作ノリを踏襲できたことは高評価したい。

全728件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク