シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『カンフー・ヨガ』『逆光の頃』『二度めの夏、二度と会えない君』『チェイサー』『RE:BORN 』『イップ・マン 継承』『笑う招き猫』『聖ゾンビ女学院』『ホワイト・バレット』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「CREA WEB」にて高杉真宙、「TV LIFE」にて堺雅人×高畑充希のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全668件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 伊藤くん A to E
    伊藤とヒロインが対峙する壮絶なクライマックス
    ★★★★★

    『悪人』に『謝罪の王様』と、岡田将生が楽しそうにクズ男を演じる作品にハズレはない。本作も彼が前回、廣木隆一監督と組んだ『雷桜』に比べれば、面白く、徹底的に不快にさせてくれるのだが、深夜だけに演出も描写も攻め、スピッツの名曲で締める、あざとさすら感じた岡田不在のTVドラマ版に比べると、いささかモノ足りない。これはあまりに映画を意識してしまった廣木監督によるエゴが生んだ結果ともいえるが、そんななか、まったく感情移入できない伊藤とヒロイン・矢崎が対峙する長回しのクライマックスは、突出した仕上がりだ。ちなみに、個性的な女優陣のなかでは、夏帆と池田エライザが群を抜いて良い。

  • ルイの9番目の人生
    衝撃のラストを受け入れられるか?
    ★★★★★

    アレクサンドル・アジャ監督案件だが、出血量よりファンタジー要素強め。とはいえ、ベッドで眠り続ける主人公の謎を解く展開は、サスペンス・ミステリー仕立て。しかも、いきなり『怪物はささやく』な展開になったかと思えば、アーロン・ポールは決して裏切らない芝居を魅せるし、ジェイミー・ドーナンの妖艶な魅力は、クローネンバーグ監督作での低温な空気感を醸し出す。そんなアジャの演出、『ハイテンション』からのコンビであるマキシム・アレクサンドルの撮影は決して悪くないが、本作の評価は衝撃のラストを受け入れられるか否かで大きく変わるだろう。ただ、主人公を演じたエイダン・ロングワースは今後ブレイクしそうな予感。

  • パディントン2
    もっとブラウン一家、ファイヤー!
    ★★★★

    相変らず「Mr.ビーン」並に厄介キャラなクマ野郎だが、敵役がニコール・キッドマンからヒュー様に変わろうが、ポール・キング監督は続投なので、あのスラップスティックなノリは絶好調! いきなり刑務所の流れは、『怪盗グルーのミニオン大脱走』と思いきりカブるものの、最凶囚人役のブレンダン・グリーソンの怪演もあって、こちらの方が断然笑える仕上がりに。あまりに痛快すぎるクライマックスの列車アクションに、“水中で魅せる”サリー・ホーキンス! 前作の裏テーマでもあった移民問題を経て、ガッツリつかんだ家族の絆だからこそ成せる、野原一家、ファイヤー!ならぬ、“ブラウン一家、ファイヤー!”なノリも評価したいところだ。

  • オール・アイズ・オン・ミー
    「初心者ガイド」としては最適
    ★★★★★

    母親がブラック・パンサー党員で、元カノが現ウィル・スミス嫁。しかも、俳優志望だったから、芝居がめちゃウマ! 2PACがヒップホップ界に与えた偉業や25歳でこの世を去る原因の抗争は知らなくても、これだけ持ってる男の半生がつまらんわけがない。いわゆる「初心者ガイド」的な部分はクリアされているが、監督の演出が甘いためか、肝心のドラマパートの弱さが目立つ。しかも、最大の問題が2PACを演じたディミートリアス・シップ・ジュニア。本人の方がカッコ良く、彼が持つスター性もカリスマ性もアブなさも感じられない。139分の長尺は気にならないが、『ストレイト・アウタ・コンプトン』に比べると、モノ足りなさは感じる。

  • レディ・ガイ
    ミシェル・ロドリゲスが“ひとり『君の名は。』”
    ★★★★★

    『ジョニー・ハンサム』の変化球にも見える、ウォルター・ヒル監督4年ぶりの新作に、『アバター』以来の新旧肝っ玉女優の競演。グラフィックノベルな構成に、極めつけはジョルジオ・モロダーによるテーマ曲と、大好物だけが盛られたお子様ランチ状態! 一人二役で『君の名は。』(もしくは『転校生』)をやってくれるミシェル・ロドリゲスは、どこか微笑ましく、いつもより“ちょっと”可愛い。決して派手さはないが、しっかり爪痕を残す一本になっているが、ここまで荒唐無稽な設定のB級映画なのだから、ここまでこねくり回す脚本にする必要はあったか?という疑問は残る。いろいろとカブる『アトミック・ブロンド』と観比べるのも一興だ。

全668件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク