シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「DVD&配信でーた」にてナタウット・プーンピリヤ監督、「CREA WEB」にて棚橋弘至インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全828件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ここは退屈迎えに来て
    芸達者な若手とフジファブのコラボ、だけじゃない。
    ★★★★

    主演の一人が橋本愛で、さりげなくスクールカーストも描きながら、“謎多き男・椎名くん”を巡る群像劇ということで、どこか『桐島、部活やめるってよ』な雰囲気も漂う本作。富山の情景に溶け込んだフジファブリックの劇伴に加え、名曲「茜色の夕日」の使い方もジワる、せつなく心地良い時空を超えたロードムービーだ。次々と芸達者な面々が登場するなか、ここでもマキタスポーツと援交する女子高生役の片山友希が異才を放つ。時間軸がシャッフルし、冒頭こそノレないかもしれないが、いつもは無意味な長回しが効果的に働くこともあり、廣木隆一監督にとって、『800』『東京ゴミ女』に次ぐ青春映画の名作に仕上がった。

  • ピッチ・パーフェクト ラストステージ
    かなり強引ながら、ファンにとっては満足の完結編
    ★★★★

    前作の構成を踏襲しながら、しっかり続編としての確立させた2作目のハードルは、さすがに高かったか! いきなり、大爆破シーンから始めたり、「カップス」を自虐ネタに使う意気込みは買いたいが、楽器OKな無法地帯となるアカペラバトルあたりから、いろいろ粗さが見えてしまう。とにかく、キャラクターに甘えてしまった感が強く、ファット・エイミーの父役のジョン・リズゴーやライバル役のルビー・ローズ姐さんは、ほぼ出オチといってもいいほど弱い。それでも、絶妙な楽曲セレクトに、定番のライブシーンなど、音楽の力は偉大であり、かなり強引ながらも、ファンとしては有終の美を飾ったと思える仕上がりだ。

  • “破壊”とも違うパンクな導入に、「大人計画」メンバーとふせえりが醸し出すカオスな空気感と、これまでの“脱力系”とは違った笑いにより、前作『俺々』の不満を解消してくれるだろうと確信させられた三木聡監督作。主演2人のコンビネーションは見事なうえ、狂気のA&Rを演じる千葉雄大に、片山友希を絡ませるなど、キャスティングも文句なしだ。とはいえ、韓国パートに突入するや否や、それまでの荒唐無稽さが一気に失速。メロドラマにしろ、バイオレンスにしろ、どこか韓国映画臭は感じるものの、この展開ではいいセリフも突き刺さらない。あいみょん制作の主題歌も映画的な名曲だけに、かなり悔やまれる。

  • 止められるか、俺たちを
    門脇麦の代表作、きました。
    ★★★★★

    門脇麦が「これぞ青春キラキラムービー!」と発言したのも頷ける。1969年、ピンク映画界に飛び込んだ一人の女子が出会う男たちは有名無名関わらず、かなり曲者で、どこか魅力的。そんな彼らに影響され、ぶつかりながらも、映画界に立ち向かっていく門脇演じる保積めぐみは、“英徳の~”ならぬ“若松プロのジャンヌダルク”になっていく。ここまで若松プロ関係者が揃うと、単なる身内受け映画にもなりそうだが、そこは三角マーク映画まで昇りつめた白石和彌監督。普遍的な青春群像劇に仕上げたうえ、お得意の女性映画としての見応えもたっぷり。間違いなく門脇の代表作であり、若松プロ作品を知らない人こそ観るべき一本だ!

  • スカイライン−奪還−
    『ザ・プレデター』以上の大味感に酔え!
    ★★★★★

    前半こそ、主人公がドラ息子を持つ刑事に代わっただけの地球侵略モノだが、いきなりの急展開。前作のエンドロールで流れ、「それ見せろよ!」と誰もがツッコミを入れたイラストが、ついに実写化! ベトベトかつホコリっぽい宇宙船内でのバトルが展開されたかと思えば、『ザ・レイド』の最強シラット・コンビが待ち受ける「ラオス編」に突入。ムダ遣いされた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の憂さ晴らしにしか見えない2人に加え、タンクトップもホームレスも総動員で暴れまくる。良くいえば、『エイリアン2』的正しい続編だが、まさかの「NG集」まで、大味感を笑い飛ばせる人向けの怪作である。

全828件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク