シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『オーバー・エベレスト/陰謀の氷壁』『地獄少女』『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて渡辺大知、「TV LIFE」にて森七菜、「T.」にて吉野北人など、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,077件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 殺さない彼と死なない彼女
    “泣ける”だけじゃない、観る者を陶酔させる映画的マジック
    ★★★★★

    かなり面倒臭いこじらせも、観ていて恥ずかしくなるほどのキラキラも、まさかのサプライズも、“全部乗せ”でお届けする青春群像劇。淡々とした独特な4コマ漫画をよくぞ、ここまで二時間超えの“映画”に仕上げた脚色の感動もありつつ、キャラクターたちの病み方に当初は入り込めない世代をも巻き込み、まさかの“泣き”へと繋げていく驚異の演出は、おっさんながら乙女心を持つ小林啓一監督の本領発揮! 自然光を使ったこだわりの映像美もさることながら、『ホットギミック』に続き、色気がハンパない間宮祥太朗に、監督の前作『逆光の頃』に比べ、俳優の顔になっている金子大地など、キャスティングも完璧すぎ。

  • スーパーティーチャー 熱血格闘
    「熱中時代」(ドニー編)
    ★★★★★

    「GTO」ばりにバイクで登場するドニー先生が、生徒たちのお悩み解決! ドニーさん念願の企画であるが、社会的背景や双子や人種など、さまざまな家庭環境の問題児を観るかぎり、“高校版『小さな園の大きな奇跡』”を狙った感も強し。つまり、かなりドラマ性が強く、やたら説教臭くもあり、ドニーさんの生真面目さが裏目に出た感も。また、そことアクションパートでメリハリがついているかといえば、そうでもなく、『死亡遊戯』オマージュともとれる中盤のロッカールームでのバトルがベストという微妙さも。教室内を舞台にしたクライマックスは、せめて『鉄拳高/同級生はケンカ王』ぐらい盛り上げてほしかった。

  • LORO 欲望のイタリア
    尋常じゃないドライブ感で突っ走る二部構成
    ★★★★

    さすが、ソレンティーノ監督作。イタリア元首相・ベルルスコーニの映画と称しながら、前半は美女とドラッグで、彼に近づこうと暗躍する青年実業家が主人公。若き日のベルルスコーニと重なるとはいえ、過去作の人生の甘美や悲哀などを一切感じさせないパリピなカットの連続に圧倒される。左翼政府を倒そうと企むベルルスコーニの奮闘が描かれる「第二章」に突入し、若干落ち着くものの、美女盛りはマシマシ。妻との大喧嘩に笑わせられたと思いきや、終盤はおなじみのソレンティーノ節。マフィア絡みの描写など、そこまで悪人に描かれていないことには賛否あれど、作品自体のドライヴ感に振り回される面白さを評価。

  • エンド・オブ・ステイツ
    ほぼ『逃亡者』状態
    ★★★★

    ホワイトハウスにロンドンと、大統領と世界の危機を救ってきた凄腕エージェント、マイク・バニングが“堕ちた守護神=容疑者”に! ほぼ『逃亡者』であるものの、おなじみの爆発だけでなく、やりすぎドローン戦に、ロードムービーとしての醍醐味アリで、シリーズとしてのマンネリ化を打破する。『ブラッド・スローン』の骨太アクションの雄、リック・ローマン・ウォー監督の演出も冴え渡り、マイクの父に33年を経て、ガチで『ビバリーヒルズ・バム』と化したニック・ノルティを投入。このトンデモキャラの暴走が痛快すぎて、マイクの奥さんがラダ・ミッチェルからパイパー・ペラーボになろうが、どうでもよくなる(笑)。

  • ブライトバーン/恐怖の拡散者
    ジェームズ・ガンのダークサイドも覚醒!
    ★★★★★

    『AKIRA』の影響大な“悪の『スーパーマン』誕生物語”ともいえるストーリー展開は、かなりド直球。とにかく『スリザー』の地球外生命体と『スーパー!』のダサ・ヒーロー感がほどよくミックスされながらも、ジェームズ・ガンが得意であるお笑い路線に一切走らないのが、とにかく不気味だ。例のディズニーとの問題がピークだったときに製作された一作と考えると、これがなかなか感慨深い仕上がり。しかも、ガンと仲間たちのダークサイドといえる情念が、“アンチ『ジョーカー』”に響く可能性も? ちなみに、『スリザー』繋がりで出演したと思われる母親役のエリザベス・バンクス。今回も、いい仕事してます!

全1,077件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク