シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ボス・ベイビー』『友罪』『榎田貿易堂』『フューチャーワールド』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「TV LIFE 」にてDAIGO/広瀬アリス、清水尋也、小栗有以、「Cinema★Cinema」にて佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星、「CREA WEB」にて稲葉友インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全782件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 銀魂2 掟は破るためにこそある
    それでも3作目を期待してしまう
    ★★★★★

    前作から1年の製作に驚かされる続編だが、今回も冒頭からワーナーロゴ連発&日本アカデミー賞ネタと、悪ノリの応酬に圧倒。その後も、「将軍接待篇」での“緩”なコント演出は、相変わらず巧い福田監督だが、「真選組動乱篇」での“急”なドラマチック演出は、前作同様、微妙な感じに。『MMFR』ばりの仕上がりを期待したカーチェイスも冗長で、回想シーンの多さからか伊東にカタルシスは感じず。作り手の原作愛&ファンサービスが強すぎるあまり、メリハリに欠けており、小栗旬が「尺が長すぎる」とぶっちゃけたのも納得だ。とはいえ、吉沢亮はどの作品よりズバ抜けてカッコ良く、3作目も期待してしまうことは否定できない。

  • 閃光少女
    エモさ炸裂!中国版・和楽器バンド物語
    ★★★★

    音楽学校における「花男」的スクールカーストに始まり、伝統音楽部の揚琴奏者であるメガネっ子が二次元の住人とユニット「2.5次元」を組み、意識高い西洋音楽部に戦いを挑む“バンド版「海月姫」”。要は中国版・和楽器バンド誕生物語だが、歴女的発想やアイドルグループSINGや中国版初音ミク“洛天依”も登場するコミコンなど、進行形のオタク文化をこれでもかと描写。特別出演のイーソン・チャンを挟んで展開される廊下演奏バトルは鳥肌モノだ。それでいて『ピッチ・パーフェクト』な王道さに加え、中国の青春映画にありがちな湿っぽい展開がほぼないなど、名プロデューサー、ビル・コンらしい意欲作といえる。

  • SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班
    香港映画の醍醐味がギュッと凝縮!
    ★★★★★

    香港島と九龍半島を繋ぐ、海底トンネルがロケーションのありそうでなかったパニック大作。アンディ・ラウしか演じられない主人公のキャラに、顔力が圧倒的なバイプレイヤー。さらに、時に容赦ないストーリーの顛末に、時に尋常じゃない熱量を放つ過剰演出…。極悪テロ集団の首領役がチアン・ウェンじゃなく、実弟のチアン・ウーが醸し出す小者感や、爆弾処理のプロにしては成功率低めなツッコミまでも持ち味になっている。香港映画ファンにとって、懐かしくもアリ、ツボを突きまくるが、職人監督ハーマン・ヤウにとっても最高傑作といえる極上の仕上がりだけに、いろいろと“意味ある広東語版”で堪能したい!

  • タリーと私の秘密の時間
    ベビーシッターとアドベンチャー!
    ★★★★★

    18?増量の肉体改造で、疲れた主婦役に挑んだシャリ姐。カラオケで「コール・ミー・メイビー」を熱唱し、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のマリア・ベロと並ぶ、熟女コスプレを披露する姿に、フュリオサの面影は微塵もない! 年齢差を超えた女子の友情物語だけに、『午後3時の女たち』のベビーシッター版ともいえるが、肝となるのはマッケンジー・デイヴィス。『ブレードランナー 2049』の娼婦のミステリアスさを残しつつ、新『ターミネーター』ヒロインに抜擢された存在感は、ときにシャリ姐を喰うほど。ただ、『ヤング≒アダルト』監督・脚本・主演トリオ最新作としてハードルを上げると、オチに戸惑う恐れアリ。

  • マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
    10年経てば、人生いろいろ。
    ★★★★★

    リリー・ジェームズ演じる若き日のドナの“暴走”によって、『未来のミライ』ばりに明らかになる、シェリダン家の「ファミリーヒストリー」。人気ミュージカルの続編を、映画オリジナルでやってのける試みはスゴいが、基本、前作では流さなかったナンバーを使うため、若干盛り上がりに欠けるのは否定できない。とはいえ、シェールを『バーレスク』以来、8年ぶりに銀幕復帰させ、おっさん要因に追加のアンディ・ガルシア(役名はフェルナンド!)と絡ませるなど、小ネタが満載。監督に、あえて『マリーゴールド・ホテル』シリーズの脚本家、オル・パーカーを抜擢したのも、そのひとつかもしれない!?

全782件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク