シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ジェームス・ボンド」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全1件)

テイラー・オブ・パナマ
パナマ運河の支配権をめぐる各国の思惑が、1人の仕立て屋が苦し紛れに洩らした一言からエスカレートしていく様を描いたスパイ・サスペンス。007シリーズでお馴染みのピアー...ス・ブロスナンが、ジェームス・ボンドとは一味違ったエレガントな諜報員を演じて...
2001年6月30日公開

特集・連載記事 (全3件)

【第79回アカデミー賞】「第79回アカデミー賞」特集
1月23日にロサンゼルスのアカデミー本部にて第79回アカデミー賞のノミネートが発表された。『ドリームガールズ』が最多の8部門にノミネートされ、助演女優賞にノミネートさ...ンスタントに出演。『007』シリーズでは、ジェームス・ボンドのMI6の上司「M」役でもおなじみ。1997年に...
2007年2月26日掲載
【うわさの現場潜入ルポ】第2回 こはたあつこ「アメリカのガン・シューティングに潜入!」
『M:i:III』のようなアメリカのアクション映画に欠かせないのが、銃。つまりピストルです。アクション俳優ともなれば、銃をいかに上手に使いこなすかがポイントとなるわけで...。まあ、未来が舞台だったからね。 あと、ジェームス・ボンドの映画は現代に近くなるほど、銃の扱いが正...
2006年7月3日掲載
モーガン・フリーマン来日記者会見
モーガン・フリーマン モーガン・フリーマン来日記者会見 ■来日フォトギャラリーを見る 去る3月28日、帝国ホテルで、モーガン・フリーマンの記者会見が行われた。大物俳優の...役をやるのがいやなんだ。だから、たとえばジェームス・ボンドという役を007シリーズで何度も演じるとい...
2002年4月2日掲載

映画ニュース (全7件)

【全米ボックスオフィス考】『007』最新作が、シリーズ最高のオープニング興収で全米ナンバーワン! -11月12日版
007シリーズ23作目にあたる映画『007 スカイフォール』が8,836万ドル(約70億6,880万円)をたたき出し、全米映画トップとなった。これは歴代007作品のデビュー興収の新記録...であり、まさにジェームス・ボンド生誕50周年記念作品にふさわしい結果となっ...
2012年11月13日掲載
「モダン・ホラーの帝王」スティーヴン・キングの小説が5代目ボンド、ピアース・ブロスナン主演でドラマ化!
数々の傑作ホラー小説を執筆し、映像化作品の人気も高い「モダン・ホラーの帝王」スティーヴン・キングの小説「骨の袋」が、ピアース・ブロスナンを主演に迎えたテレビシリ...を演じるのは、映画『007』シリーズで5代目ジェームス・ボンドを演じたピアース・ブロスナン。突然死を迎...
2011年7月25日掲載
アンジェリーナ・ジョリー、ボンドガールのオファーを断っていた!ジェームス・ボンド役なら出演したかも!?
映画『ソルト』のプロモーションのために来日し、その美ぼうで多くの日本人を魅了したばかりのアンジェリーナ・ジョリーだが、ダニエル・クレイグ主演の映画『007/カジノ・...ジェリーナは、ボンドガール役は断り「でもジェームス・ボンド役ならやりたいわ」と答えたことをカナダの...
2010年7月29日掲載
あの『007/慰めの報酬』に重大ミス!? シリーズ2作目には、故・水野晴郎さんのこだわり誤変換も!!
昨年、シリーズ第22作にあたる映画『007/慰めの報酬』が世界的な大ヒットを記録し、変わらぬ人気ぶりを発揮した007シリーズだが、1962年の第1作『007/ドクター・ノオ』以来...ギリス人俳優のダニエル・クレイグを6代目ジェームス・ボンドに起用し、全面的なリニューアルを行ったシ...
2010年3月5日掲載
新『007』の中に自社の商品を!激しい企業争いに勝ったのは7ブランド
昔から商人(アキンド)魂のたくましい映画といえば、映画『007』シリーズが有名だが新作映画『007/慰めの報酬』でも7ブランドとの協賛が決まった。 高級志向のジェームス・ボンド...”に勝ち残ったのは、昔なじみの顔が多く、ジェームス・ボンドの長年の愛車アストン・マーティンを始め、...
2008年8月26日掲載
ピアース・ブロスナン、再びスパイにふんする
5代目ジェームス・ボンドとして007役を演じてきたピアース・ブロスナンが、ニューライン・シネマの新作映画で再びスパイにふんすることが決まった。作品は『スパイvs.スチュ...
2006年11月22日掲載
P・ブロスナンの息子が、相次ぎ病院送りに
3月中旬『007』シリーズ最新作の撮影中、主役のジェームス・ボンドを演じるピアス・ブロスナンの18歳の次男ショーンが、腹部を負傷して生死を決める大手術を受け、ブロスナ...
2002年4月5日掲載