B・ウィリス、演技でどもりが直った

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ブルース・ウィリスが、どもりに苦しんだ子供時代を告白。ウィリスはこのハンディ・キャップを克服するため、学校の劇で演じることに挑戦したという。ウィリスは「舞台に上がると、奇跡的にどもりが消えた。でも、舞台を降りるとまた元通りだった。だからもっと演じたくて仕方がなかった」と話している。大学に行くまでには、舞台に上がらなくてもどもらずに話せるようになったウィリスは、俳優になろうと決心したという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]