K・サザーランド、画家役に挑戦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 キーファー・サザーランドが『パラダイス・ファウンド』(原題)で、画家ポール・ゴーギャンを演じることが決まった。この作品はフランス後期印象派のゴーギャンの一生を描く伝記映画で、『セイヴィア』のナスターシャ・キンスキーがゴーギャンの妻を演じることが決まっている。ゴーギャンの作品では、「我々はどこから来たか? 我々とは何か? 我々はどこへ行くのか?」が有名で、彼の絵には裕福な株式マンの生活を捨て画家になった彼の苦悩が表れている。『クルタ』のマリオ・アンドレアキオが監督、脚本を手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]