R・ゼルウィガー、「演技に自信なかった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 レニー・ゼルウィガーが、1月に『ベティ・サイズモア』 でゴールデン・グローブ賞の助演女優賞を受賞するまでは、自分の演技に自信がなく、女優として食べて行けるかどうかわからなかったと語った。ゼルウィガーは最近のインタヴューで、「受賞の瞬間は、とても深淵だった。あの瞬間が、あの夜、自分があの場にいるべき理由があったこと、自分が世間に見出されつつあり、その入り口へと案内されたということに気づかせてくれた」と話した。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]