J・ロウ、殺人課警部に扮する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『スターリングラード』のジュード・ロウが『ザ・エンジェル・オブ・ジン』(原題)へ出演することが決まった。作品はクリフォード・アーヴィングの小説「警部ナチ・キャンプに行く」の映画化で、ナチス占領下のポーランドを舞台に、強制収容所で頻発する殺人事件を解決するために派遣されたベルリン警察殺人課警部がナチズムの腐敗と闘いつつ犯人を追う姿を描く。ロウは殺人課警部に扮する予定で、共演にはルドガー・ハウアーが決まっている。またロウ演じる警部の妻役で『アンジェラの灰』のエミリー・ワトソンが出演交渉中だ。撮影は来年春頃からドイツで開始される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]