シネマトゥデイ

E・マクレガー、ベッドシーンでも口の悪さを発揮

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ユアン・マクレガーが、『ムーラン・ルージュ』で共演したニコール・キッドマンとのベッド・シーンを撮影中も、彼独特の口の悪さでやんちゃぶりを発揮していたことを明かした。3日夜、同映画のプレミアがロンドンで開かれたが、マクレガーはインタビューで、「ニコールはすごく楽しい人だよ。彼女が誰なのかも忘れる位、仲良くなれたし、まるで姉と弟の関係みたいだった。僕が暴言を吐いたり、毒づいたり、失礼な冗談を言ったりすると、彼女はちょっと困惑したように、”ユアン”って言うんだ。僕は大いに彼女を困らせて、ショックを与えようとしたものさ」と愉快そうに語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]