K・ハドソン、J・アイヴォリー監督作へ出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ナタリー・ポートマンが出演の見込まれていた『ル・ディボース』(原題)を降板し、代わりにケート・ハドソンが出演することが決まった。この作品は、ダイアン・ジョンソンの同名小説の映画化で、映画学校を退学した女の子が、妊娠中でフランス人の夫に捨てられた姉を助けるためにカリフォルニアからパリへ向かい、そこでの経験を通して大人へと成長していくロマンティックな物語だ。共演には『マルホランド・ドライブ』のナオミ・ワッツが決まっており、監督は『シャンヌのパリそしてアメリカ』のジェームズ・アイヴォリーがあたり、脚本はアイヴォリーとルース・プラヴァー・ジャブヴァーラが手掛ける。撮影は9月から開始される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]