B・スピアーズのニセ者利用で、ラジオ局が起訴される

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 「ニセのブリトニー・スピアーズのおかげで娘が事故死した」と、死亡した女児の両親が、ニューヨークのラジオ局と親会社に対し、12億ドルの訴訟を起こした。2000年6月、当時11歳のスーザン・サントドナトちゃんは、スピアーズがゲスト出演するこのラジオ番組の時間に合わせ、局の駐車場へ見物に行っていた。ここにはファンが大勢集まっており、この混乱のなかでスーザンちゃんは転倒し、頭部を打ったことが原因で死亡した。実際にはラジオ局は、事前に録音してあったスピアーズのインタビューを放送しただけで、リムジンにはそっくりさんが乗り込んでいた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]