R・クロウ、新作のためにダイエット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ラッセル・クロウが、次回作『ザ・ファーサイド・オブ・ザ・ワールド』(原題)の体型作りのために『グラディエーター』の時のトレイナーを再び雇った。アルコールやジャンク・フードを好み太りやすい体質といわれているクロウは、『グラディエーター』の撮影時は1ヶ月前からトレーニングを開始し『インサイダー』のために増やした体重を16Kgほど落としたといわれている。『ザ・ファーサイド・オブ・ザ・ワールド』は、パトリック・オブライアンの人気冒険小説の映画化で、英米戦争時の地中海を舞台に、海軍士官ジャック・オーブリーと動物好きの博物学者で医者でもあるスティーヴン・マチュリンの活躍を描くアクション映画で、クロウは主人公のオーブリーに扮することが決まっている。監督は『トゥルーマン・ショー』のピーター・ウィアーがあたり、撮影は来月から開始される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]