A・ジョリー夫妻の養子、ついに入国許可される

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 移民帰化局によって凍結されていたアンジェリーナ・ジョリーとビリー・ボブ・ソーントン夫妻の養子がついに合衆国への入国が認められた。今年3月に明らかになった夫妻の養子はカンボジア生まれの9ヶ月の男児マドックスくんで、昨年11月に夫妻でカンボジアの孤児院を訪問した際にその赤ちゃんに繋がりを感じ夫妻は養子として迎えることを決めている。移民帰化局によると、昨年の12月から121人ものカンボジア人の子供がアメリカ人家族と養子縁組し、合衆国としては不正な子供取引を阻止するためにも夫妻の赤ちゃんの入国をすぐに許可できなかったそうだ。今後は、簡単な手続きを経て赤ちゃんのビザが発給されれば、晴れて夫妻のもとへ赤ちゃんが届けられることになる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]