G・パルトロウ、詩人に扮する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 グウィネス・パルトロウが20世紀を象徴する詩人に扮することが決まった。パルトロウが扮するのは63年に二人の子供を残してガス自殺した女流詩人シルヴィア・プラスで、死後、夫であった英国詩壇の重鎮テッド・ヒューズによって編まれた撰集にピュリツァー賞が贈られている。映画では、スミス・カレッジ卒業後、英国ケンブリッジ大学に学んだプラスがヒューズと出会い、結婚し別居するまでを中心に描かれる。監督はパヴェル・パウリコフスキーがあたり、脚本はジョン・ブラウンローが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]