M・ダグラス新作、監督決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 マイケル・ダグラスとアルバート・ブルックス主演映画『ティル・デス・ドゥ・アス・パート』(原題)を『ザ・クラフト』のアンドリュー・フレミング監督がメガホンを取ることが決まった。今月からトロントで撮影が始まるこの作品は、79年のアーサー・ヒラー監督作品「あきれたあきれた大作戦」のリメイクで、お互いの子供同士の結婚から親戚になったクレージーなCIAエージェントと堅物の歯医者の国際追跡劇を描く爆笑コメディだ。ダグラスがオリジナルでピーター・フォークが扮したCIAエージェントを演じ、ブルックスはアラン・アーキンが扮した歯科医を演じ、若手俳優ライアン・レイノルズがダグラスの役の息子役で共演する。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]