D・ベッカムの映画出演、実現せず  

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 初の映画出演か、と期待されたイングランド・サッカーのスター、デヴィッド・ベッカムだが、出演が取りざたされた同じ日にこのオファーを断り、映画界デビューは見送られることになった。オファーされていた役はマイケル・マドセン出演の映画『レッド・ライト・ランナーズ』(原題)の暗殺者。ベッカムの代理人によると、現時点では、ベッカムは映画界の仕事に興味はなく、今回のように小さな役でも出演の意思はない、とのこと。共同製作も担当するマドセンは、ベッカムの代わりに『ロック・ストック・アンド・トゥー・スモーキング・バレルズ』でもギャングを演じたヴィニー・ジョーンズとサインを交わしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]