J・ギャンドルフィーニ、薬物・アルコール依存症を告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 「ザ・ソプラノズ・哀愁のマフィア」でトニー・ソプラノを演じているジェームズ・ギャンドルフィーニが過去に薬物とアルコール依存症であったことをスポークスマンを通して明らかにした。公表の原因は、今年の3月に離婚調停の席で、離婚の理由の一つに前妻が依存症を持ち出したこと。噂として広がるよりも、立ち直っていることを強調するために公表に踏み切ったそうだ。ギャンドルフィーニは「ザ・ソプラノズ」でエミー賞、ゴールデングローブ賞、米俳優組合賞、米TV批評家協会賞の主演男優賞を独占した経歴を持つ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]