「誰が為に鐘は鳴る」再映画化決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ワーナー・ブラザースは、文豪アーネスト・ヘミングウェイの代表作「誰が為に鐘は鳴る」を再映画化することを決定した。「誰が為に鐘は鳴る」はスペイン戦争時を舞台に、右翼と闘う大学教授と市長の娘との激しい恋をドラマティックに描くヒューマン・ラブストーリーだ。43年に3年の年月をかけてサム・ウッド監督により映画化されていて、ゲイリー・クーパーとイングリット・バークマンが主演し、カティナ・パクシノウがアカデミー助演女優賞に輝いている。今回の映画化にはエドワード・ノートン主演で映画化される「25時」の原作者として知られ、ブラッド・ピット主演映画『トロイア』(原題)の脚本も手掛けるデイヴィッド・ベニオフが製作総指揮、脚本を手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]