K・スミス監督、『最終絶叫計画』3作目の脚本を手掛ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ドグマ』のケヴィン・スミス監督が、『最終絶叫計画』シリーズ3作目の脚本を手掛けることが決まった。これまで同シリーズを手掛けてきたウェイアンズ兄弟が抜けた3作目は、『フライング・ハイ』や『裸の銃を持つ男』シリーズを手掛けてきたデヴィッド・ザッカーが監督し、スミスと共同で脚本を手掛けることになった。撮影は来年2月から開始され、主演には前作から引き続きシンディ役のアンナ・ファリスがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]