「ER」のモデルとなった病院が閉鎖

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 「ER・緊急救命室」のモデルとなった、シカゴのクック・カウンティ病院が閉鎖され、新しい建物に移ることになった。1914年以来、来る者は拒まずをモットーに治療を続けてきたカウンティ病院の救急室の存命率は98%を誇る。「ER・緊急救命室」はシカゴ生まれのマイケル・クライトンが同病院をモデルに製作。同日同時刻に他放送局の「シカゴ・ホープ」とガチンコデビューし、いまだに視聴率で抜かれたことがない人気番組である。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]