S・スタローンに対し、『ロッキー』のモデルが訴訟

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ロッキー』シリーズのモデルになった元ボクサーが、シルヴェスター・スタローンに対し訴訟を起こすことにした。チャック・ウェップナーは1975年にモハメド・アリと15ラウンドを戦って負け、その試合が、『ロッキー』のストーリーの基になったが、スタローンが宣伝活動のために何年間も自分の名前を使ってきたことに対し、自分が何も得られなかったことに怒りを感じている。「『ロッキー』の映画で、僕が大金を得たに違いないと人は言うけれど、このシリーズからは一銭も受け取っていない。映画出演の約束もしたが守られたことはないし、30年経って、何かしなくては、と思った」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]