B・ラトナー、犯罪ドラマを監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『レッド・ドラゴン』のブレット・ラトナー監督が、20世紀フォックスの『ジョサイアズ・カノン』(原題)でメガホンを取ることが決まった。これは、世界中で注目される銀行強盗グループが難攻不落と言われるスイスの銀行を襲撃する犯罪ドラマで、脚本は『スニーカーズ』のフィル・アンデル・ロビンソンとジェフ・キングが手掛ける。撮影はラトナーが監督するピアース・ブロスナン主演映画『アフター・ザ・サンセット』(原題)の撮影終了後、ニューヨークとヨーロッパで行われる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]