『ピンキー』のJ・クレイン、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 1949年のアカデミー主演女優賞にノミネートされたジーン・クレインが心臓発作のため亡くなった。78歳だった。クレインは、エリア・カザン監督の『ピンキー』(原題)で黒人の母と白人の父との間に生まれた女性を演じ、外見が白人でありながら黒人の血が混ざっていることで差別されるという、当時はタブー視されていた役柄を演じてアカデミー賞にノミネートされた。人種差別について彼女は、「私の母は差別を一切しない人だった。世の中の親が自分が持っている偏見や差別を子供に伝えず自分たちの代で終わりすれば、この世から差別は一切なくなるのに」と語っていた。[ロサンゼルス 12月15日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]