ミシェル・ファイファー、夫の脚本映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ミシェル・ファイファーと夫であるプロデューサーのデヴィッド・E・ケリーが、新作『チェイシング・モンタナ』(原題)でコンビを組むことが決まった。ケリーが最初からファイファーを主人公に考えて書いたという脚本は、親子で医者をしている父と娘の二人がモンタナでの休暇を通して自分自身を見つめ直す人間ドラマで、ファイファーが娘役を演じる。監督は『しあわせな孤独』のデンマーク人監督スザンネ・ビエールがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]