エヴァ・マリー・セイント、ヴェンダース監督作へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『北北西に進路を取れ』『波止場』などで活躍した女優、エヴァ・マリー・セイントが、ヴィム・ヴェンダース監督の次回作『ドント・カム・ノッキング』(原題)へ出演することになった。これは、サム・シェパード演じる年老いた西部劇役者が、映画のセットを離れ自分探索の旅に出る物語。現在80歳のセイントは、シェパードの母親を演じる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]