トミー・リー・ジョーンズ、ギジェルモ・アリアガ脚本作品を監督・主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 トミー・リー・ジョーンズが、『ザ・スリー・ベリアルズ・オブ・メルキアデス・エストラーダ』(原題)を監督、主演することが決まった。『21グラム』のギジェルモ・アリアガが脚本を手掛ける同作は、ジョーンズ扮する牧場労働者が死んだ友との約束を果たすために、友人の死体を故郷メキシコに埋葬してあげようとする物語で、『アラモ』のジュリオ・シーザー・セディーロも共演する。撮影は9月中旬からテキサス州で行われる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]