パイパー・ペラーボ、2本のインディ映画へ出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブレイク間近のパイパー・ペラーボ

 『コヨーテ・アグリー』のパイパー・ペラーボが、相次いで2本のインディ映画へ出演することが決まった。1本目は『テンス・アンド・ウルフ』(原題)で、実際に起きた事件を基にチャズ・パルミンテリが脚本を手掛けたストリート・ギャングたちの物語だ。『X-メン』シリーズのジェームズ・マースデンも共演し、監督は俳優でもあるボビー・モレスコがあたる。2本目はイギリスの『クリック』(原題)で、『日の名残り』のレナ・ヒーディと共演するロマンティック・コメディだ。監督は『理想の結婚』のオリヴァー・パーカーがあたり、撮影は10月からロンドンで行われる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]