バリー・ソネンフェルド監督、小説の映画化を企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウィル・スミスとバリー・ソネンフェルド監督

 『メン・イン・ブラック』のバリー・ソネンフェルド監督が、来月アメリカで刊行予定のA.J.ジェイコブスの小説「ザ・ノウ・イット・オール」(原題)を映画化することを明らかにした。ソネンフェルドは製作と監督を務め、ストーリーはエスクァイア誌のシニア・エディターであるジェイコブスの体験を基に、彼と彼の妻との関係を描いていくロマンティック・コメディとなる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]