『真珠の耳飾りの少女』の監督、新たなハンニバル・レクター映画でメガホンを

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』を手掛けてきたディノ・デ・ラウレンティスが、ハンニバル・レクター・シリーズの続編『ビハインド・ザ・マスク』(原題)の監督に『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバーが決まったことを明らかにした。同作はシリーズの原作者であるトマス・ハリスの脚本のもと、若き日のレクターがいかにして殺人鬼へ変貌したかその謎に迫るストーリー展開となる。撮影は来年5月頃からチェコとリトアニア、フランスで行われる予定で、レクター役にはこれまで扮してきたアンソニー・ホプキンスに替わって若手俳優が扮する予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]