ウィリアム・H・メイシー、ダーク・コメディで主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
名脇役として定評のあるウィリアム・H・メイシー

 2月に公開される『セルラー』が期待のウィリアム・H・メイシーが、新作『エドモンド』(原題)で主演を務めることが決まった。同作は、自分探しをする男性を主人公にしたダーク・コメディで、『ボーン・スプレマシー』のジュリア・スタイルストム・サイズモア、『ゴッドファーザー PART3』のジョー・マンテーニャ、『スパニッシュ・プリズナー』のレベッカ・ピジョン、『プレデター2』のマリア・コンチータ・アロンゾ、『TAXi 3』のバイ・リンも共演する。監督は『フォートレス』のスチュアート・ゴードンがあたり、脚本は『ハンニバル』のデヴィッド・マメットが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]