ダニエル・デイ・ルイス、夫婦タッグの新作で久々の映画出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
1996年にレベッカと結婚したダニエル・デイ・ルイス

 ダニエル・デイ・ルイスが、妻であるレベッカ・ミラー監督作『ザ・バラード・オブ・ジャック・アンド・ローズ』(原題)で3年ぶりに映画出演し、ベルリン国際映画祭に参加した。デイ・ルイスは、俳優業から一歩引いた姿勢をとっていることについて、「仕事への愛着がなくなったわけではない。多分、今までよりも注意深くなったんだ。僕はいつも、これは自分に無理強いをしなくてはならない仕事だと感じていた」と語る。今回の新作は、ミラーと結婚する以前に送られてきた企画だが、「当時、自分が出来ないと感じるものを要求される役だった。多分、子供を持ったことが大きな助けになった」と語った。[2月17日 ベルリン]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]