世界が注目する15歳、柳楽優弥の決意

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
将来が楽しみな柳楽優弥-タイのチェンマイにて-

 去る11日、第58回カンヌ国際映画祭が開催され、今年も日本人の活躍が期待されているが、カンヌを語るときに欠かせないのは昨年、最年少で最優秀男優賞に輝いた柳楽優弥(やぎらゆうや)の存在だ。
 
 その圧倒的“目力(めぢから)”で多くの人を魅了した彼はカンヌが開催された11日、タイにいた。受賞後、第一作目となる『星になった少年』のプロモーションのためだ。日本のみならず、世界が彼に注目する中、いままで多くを語らなかった柳楽優弥がタイで新作のこと、将来のことを熱く語った。

 『星になった少年』は13歳で自らの意志により単身タイに渡り“象つかい”の道を選ぶも、志なかばで逝去した実在の人物・坂本哲夢の半生を描いている。

 13歳という年齢で将来を決めた哲夢と自分自身をくらべ「手相を見てもらったら(役者が)天職だと言われた。これからも役者を続けて行きたいと思う」とキッパリ語った。しかし、「車やロックが好きで友人とよくカラオケに行く」という普通の高校生の顔も持つ15歳でもある。“日本の宝”と言ってもいい、柳楽優弥の新作『星になった少年』には注目したい。

『星になった少年』は7月16日より全国東宝洋画系にて公開。
『星になった少年』公式サイト:randy-movie.com
取材協力:タイ国際航空

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]