ジュリア・ロバーツの映画で差別を訴えた女性ミュージシャン、スタジオと和解

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジュリア・ロバーツ - Jim Spellman / WireImage.com / MediaVast Japan

 ジュリア・ロバーツが主演した映画『モナリザ・スマイル』で、映画音楽を担当していた女性ミュージシャンたちが、同じ仕事をしていた男性ミュージシャンよりも支払いが少なかったことに対して差別を訴えていた件で、和解が成立した。製作側は19人すべての女性ミュージシャンにそれぞれ3500ドルを支払うことを了承したが、差別については、「誤りはなかった」と否定し、プロデューサーはコメントを控えている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]