ヴェネチア映画祭でブーイングを浴びた映画は……

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブーイングに真っ青? のロベルト・フレンツァ監督 - SGPItalia / FilmMagic.com / MediaVast Japan

ベネチア映画祭コンペティション部門の上映で、辛らつなベニスの観客からブーイングが起こった。

 そのかわいそうな映画は、入賞の呼び声も高かったロベルト・ファエンツァ監督の『The Days of Abandonment』。夫に逃げられた女が、徐々に人生から転落していく様を描いた作品だったが、上映中、観客席から聞こえた失笑はやがてブーイングに変わった。

 これに対し、韓国映画『親切なクムジャさん』は子どもの殺人シーンなど残酷な描写があったにもかかわらず、観客の心を引きつけ、上映後は監督であるパク・チャヌクに温かい拍手が贈られた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]