レネー・ゼルウィガー、ピーターラビットの作者に扮する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロンドンなまりは大得意のレネー・ゼルウィガー

 レネー・ゼルウィガーが、新作映画で日本でも人気のピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターに扮することが決まった。作品は『ミス・ポター』(原題)で、映画ではロンドンの裕福な家庭に生まれたポターが孤独な少女時代を送り、同年代の友達のいない彼女にとって毎年訪れた田舎の別荘で出会う動物や虫たちが友となり彼女の想像力を高めていったことなどが描かれていく。ユアン・マクレガーがポターの恋人であり、出版社であったノーマン役で共演する予定で、実現すれば『恋は邪魔者』以来の再共演となる。監督は『ベイブ』のクリス・ヌーナンがあたり、ゼルウィガーがエグゼクティブ・プロデューサーとして名を連ね、撮影は来年3月からイギリスで開始される見込みだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]