コメディアン、リチャード・プライヤー死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『大陸横断超特急』、『スター・クレイジー』などに出演していたコメディアンのリチャード・プライヤーが心臓発作のため亡くなった。65歳だった。プライヤーは人種偏見などを題材にしたコメディで一躍有名になり、エディ・マーフィクリス・ロックなどに大きな影響を与えたとされている。ここ10年は多発性硬化症を患い、体力も減少していた。1995年には「シカゴホープ」で多発性硬化症の患者を演じてエミー賞にノミネートされたこともある。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]