ウォン・カーウァイ監督、カンヌ映画祭審査委員長へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
意気込みたっぷりのウォン・カーウァイ監督 - Jean Baptiste Lacroix / WireImage.com / MediaVast Japan

 2006年のカンヌ国際映画祭で、ウォン・カーウァイ監督が審査委員長を務めることになった。カーウァイ監督は、1997年に『ブエノスアイレス』で最優秀監督賞を受賞、2000年には『花様年華』でパルムドールにノミネートされ、カンヌ映画祭で高い評価を受けてきた。カーウァイ監督は「どの町にも独自の言語があるが、カンヌのそれは『夢の言葉』。中国に、『風を期待することはできないが、いつも窓を開けておこう』ということわざがあるが、私たちの目標は、できるだけ広く窓を開けておくことです。他の審査員とともに、現代の映画界で素晴らしい才能を持った人々の夢を共有できることを楽しみにしています」と語っている。中国出身の審査委員長は、カンヌ映画祭史上初めてとなる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]