ケリー・ラッセル、ロビン・ウィリアムズと共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テレビドラマ「フェリシティの青春」でヒロインを演じていたケリー・ラッセル - Jeff Vespa / WireImage.com / MediaVast Japan

 7月に日本公開予定の『M:i-3』での活躍が期待されるケリー・ラッセルが、すでにロビン・ウィリアムズと『チャーリーとチョコレート工場』のフレディ・ハイモアの主演が決まっているワーナー・ブラザースの新作映画『オーガスト・ラッシュ』(原題)へ出演することが決まった。作品は、ミュージカル・パフォーマンスの神童と呼ばれるオーガストが生まれた時に離れ離れとなった両親を探す物語で、ハイモアがオーガストに扮し、ウィリアムズがオーガストの指導者役を演じる。ラッセルと『アレキサンダー』のジョナサン・リース・マイヤーズはオーガストの両親役に扮する。映画の重要な鍵となる音楽は『トレーニング デイ』のマーク・マンシーナが手掛け、テーマ音楽はマンシーナと『グラディエーター』や『ラスト サムライ』のハンス・ジマーが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]