マーク・ウォールバーグ、アントワン・フークア監督作で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーク・ウォールバーグ - Eric Neitzel / WireImage.com / MediaVast Japan

 マーク・ウォールバーグが、アントワン・フークア監督の新作『シューター』(原題)で主演を務めることが決まった。同作は、スティーヴン・ハンターのベストセラー小説「極大射程」を映画化するもので、かつて伝説の名スナイパーと呼ばれたボブがある男から依頼された仕事を引き受けたが、それは大統領暗殺未遂の汚名をボブに着せるための陰謀だったという政治スリラーだ。脚本は『ディアボロス/悪魔の扉』のジョナサン・レムキンが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]