ペドロ・アルモドバル監督、スペインの名誉賞を受ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ペドロ・アルモドバル監督 - Jeff Vespa / WireImage.com / MediaVast Japan

 スペインのペドロ・アルモドバル監督が、スペインの名誉賞「アストゥリアス皇太子賞」の芸術部門を受賞した。アルモドバル監督は『オール・アバウト・マイ・マザー』でアカデミー外国語映画賞に輝き世界的な名声を獲得。最新作『ヴォルヴェール』(原題)は現在開催中のカンヌ国際映画祭でコンペティション部門に出品されている。アルモドバル監督は「自分が受けた賞の中で、最も重要なもののひとつ」と喜びのコメント。授賞式は今年後半に行われ、スペインのフェリペ皇太子によって受け渡され、賞金およそ5万ユーロと、スペインの芸術家、ジョアン・ミロによる彫刻が授与される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]