ロブ・シュナイダー、猛暑の現場で倒れる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ロブ・シュナイダーが新作の撮影中に食あたりと熱射病で倒れた。シュナイダーは、サンフランシスコ郊外の女性刑務所内で『ビッグ・スタン』(原題)を撮影していたが、この付近では気温が38度近くに上がる猛暑の日が続いていた。シュナイダーのパブリシストは、「悪い食べ物と気温のせい」と語っているが、病院で手当てを受け、すでにセットへ戻っているそう。[6月30日 カリフォルニア]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]