吸血鬼ドラキュラの起源を描く映画の企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ユニヴァーサル・ピクチャーズは、吸血鬼ドラキュラのモデルとして知られる串刺し公ヴラドの生涯を描く映画『ドラキュラ・イヤー・ゼロ』(原題)を製作することを明らかにした。映画では、15世紀ルーマニアのヴラド・ツェペシュの真実の歴史と悲劇的な恋物語を取り上げるもので、実現すれば魔法と血なま臭い戦争が行われた中世の暗黒時代を舞台に繰り広げられるスペクタクル大作になる予定だ。製作は『ザスーラ』のマイケル・デ・ルカとアリッサ・フィリップスがあたり、脚本はマット・サザマとバーク・シャープレスが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]