ヒラリー・スワンク、フランス映画のリメイクへ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒラリー・スワンク

 ヒラリー・スワンクが、2003年のフランス映画『迷宮の女』のハリウッドリメイクへ出演することが決まった。タイトルは『ラビリンス』(原題)で、殺人事件の謎を解くために7つの人格を持つ連続殺人犯の心の闇に迫るサイコ・スリラーだ。脚本は『インサイド・マン』のラッセル・ジェウィルスが手掛け、スワンクはプロデューサーとしても名を連ねる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]