オリヴァー・ストーン、ブッシュ政権批判の問題作映画を企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
やったるぜよ!

 『ワールド・トレード・センター』のオリヴァー・ストーン監督とパラマウント・ピクチャーズは、『ジョーブレーカー』(原題)という映画を企画していることを明らかにした。作品は、ゲイリー・バーンツェンの同名ベストセラー小説を基に、ブッシュ政権のテロ対策の失敗とオサマ・ビン・ラディン拘束に関心がなかった米軍について描く問題作だ。タイトルの「ジョーブレーカー」は、CIAのオサマ・ビン・ラディン追跡チームのコードネームからきている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]