ADVERTISEMENT

『トップガン』トム・クルーズが60歳に!限界への挑戦を支える飽くなき情熱

いくつになっても白Tが眩しい『トップガン マーヴェリック』のトム・クルーズ
いくつになっても白Tが眩しい『トップガン マーヴェリック』のトム・クルーズ - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 7月3日、トム・クルーズが60歳の誕生日を迎えた。映画『トップガン マーヴェリック』の全世界興行収入は、キャリア史上最高となる10億ドル(約1,300億円)を突破。再び危険なスタントに挑んだ『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作の公開を来年に控え、宇宙へ飛ぶ新作企画も待機中。ハリウッドを代表するトップ俳優は、還暦を迎えてなお限界に挑み続けている。(数字は Box Office Mojo 調べ・1ドル130円計算)

トム・クルーズ、絶壁からダイブ『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』特報

 1962年7月3日生まれのトム・クルーズは、1981年公開の『エンドレス・ラブ』で映画デビュー。『タップス』(1981)、『卒業白書』(1983)などの青春映画で頭角を表し、『トップガン』(1986)の大ヒットでスターダムにのし上がった。

ADVERTISEMENT

 そこから安易に2枚目スター向けの役に飛びつくことなく、ポール・ニューマンと共演した『ハスラー2』(1986)、ダスティン・ホフマンふんする自閉症の兄を持つ生意気な青年を演じた『レインマン』(1988)など、名優との仕事で経験を積み、オリヴァー・ストーン監督作『7月4日に生まれて』(1989)でアカデミー賞主演男優賞にノミネート。俳優として実力を示した。

『トップガン』の頃のトム・クルーズ Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 1996年には、今やトムのライフワークともいえる『ミッション:インポッシブル』第1弾が大ヒット。敏腕エージェント、イーサン・ハント役で主演を務め、製作も兼任したトムは、プロデューサーとしても大成功を収めた。さらにこの年の『ザ・エージェント』(1996)では、アカデミー賞主演男優賞にノミネート。以降もトムは、娯楽大作とドラマ作品を巧みに行き来しながらスター街道を歩んできた。

ADVERTISEMENT

 40年以上に渡るキャリアを支えるのは、映画に対する飽くなき情熱だろう。『トップガン マーヴェリック』のプロモーション中、Bella magazine のインタビューでトムは「僕は幸運で、映画の撮影現場にいることと世界を旅することが僕の人生。それは僕がずっとやりたかったこと。だからこれは仕事じゃないんだ。僕は夢のような人生を送っている」と回答。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のプロモーションで来日した際は、多忙を極める中でも毎日映画を観ているとも語っている。また、自分が良い役を演じる以上に、良い映画を作るためにベストな選択を模倣し続けていることは、『トップガン』における若手俳優たちの魅力的な描かれ方や、アイスマン役のヴァル・キルマーの出演を熱望したことからも見てとれる。

 60歳が近づくにつれてアクションの比重が増し、スタントのハードルが上がり続けているのも特徴的だ。『ミッション:インポッシブル』シリーズでは、ドバイの超高層ビルから宙づりになったり、空を飛ぶ軍用機の側面にしがみついたり、6分間息継ぎナシの潜水シーンに挑んだりと、年齢を重ねるごとに危険度が増大。シリーズ6作目『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』では足を骨折する重傷を負い、そのシーンを本編に使うという、ジャッキー・チェンばりの情熱を見せつけた。

ADVERTISEMENT

 シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の予告編には、イーサンがバイクごと絶壁を飛び降りるダイブシーンが登場する。トムは1年以上にもわたるトレーニングを積んでこの撮影に挑んだといい「俳優人生で最も危険なスタントを行った」と証言しているとのこと。同作はタイトルの通り、シリーズ初の2部作となる予定で、さらに危険なスタントに挑む事になるだろう。

 また、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・ライマン監督がメガホンを取り、NASAと共に国際宇宙ステーションで撮影をするアクション映画も控えている。トムがいつ宇宙に行くのかは不明だが、Varietyでは2023年にも撮影に入る予定だと報じられており、還暦を迎えてなお限界に挑戦するトムを見られそうだ。(編集部・入倉功一)

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』特報映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT