サム・シェパード、広島に原爆投下したパイロットの父親にふんする

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サム・シェパード - Jamie McCarthy / WireImage.com / MediaVast Japan

 第二次世界大戦時の硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』が話題だが、広島へ原爆を投下したパイロットの悲劇の半生を描く映画にサム・シェパードが出演することが決まった。タイトルは『ディセンディング・フロム・ヘヴン:ザ・ストレンジ・アンド・エクストローデネリ・テイル・オブ・クロード・イーザリー、ア・ボム・パイロット』(原題)で、シェパードは広島に原爆を投下した空軍パイロットのクロード・イーザリーの父親にふんし、終戦後に良心の呵責に苦しむ息子を精神病院に入院させ苦悩する父親という難役に挑戦する。監督はサンディ・スモーランがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]