アンジェリーナ・ジョリー、息子と一緒に難民キャンプ訪問

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アンジェリーナ・ジョリー

 インドで新作『ア・マイティ・ハート』(原題)を撮影中のアンジェリーナ・ジョリーが、息子のマドックスとともに、ニューデリーのアフガニスタン難民キャンプを訪問した。国連難民高等弁務官の声明によると、ジョリーは子供たちの音楽演奏を聴いたり、学生と話をして過ごした。1996年にアフガニスタンでタリバンが台頭して以来、非イスラム教徒として弾圧されたシーク教徒が難民としてインドに逃れており、現在、およそ9500人のシーク教アフガニスタン難民がインドで暮らしている。ジョリーはまた、3人の子供とともにミャンマーから逃れてきた女性を訪問した。今回の訪問についてジョリーは「難民の皆さんが私たちとともに過ごし、お話を聞かせてくれたことを、とてもうれしく思います。彼らは大変勇気ある人々です」とコメント。また、翌日にはインドの外務省を訪れ、「インドに来て、この国が、自分たちの国民に対する援助を必要としつつ、長年、難民を広く受け入れてきたということを知りました。また、ここに来てから多くのインドの方とお話をして、彼らがいかに、障害を持つ人々や子供たち、孤児の問題に関心を持っているかを知りました」とコメントした。[11月6日 ニューデリー]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]