ニコール・キッドマン、人気舞台の映画化作品を製作・主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ニコール・キッドマン - Gregg DeGuire / WireImage.com / MediaVast Japan

 ニコール・キッドマンが、ブロードウェイの人気舞台「ラビット・ホール」の映画版をプロデュース、主演することが明らかになった。同舞台は、交通事故で息子を亡くした夫婦の心の葛藤を描く人間ドラマで、オリジナルの舞台では主演のシンシア・ニクソンがトニー賞最優秀演劇女優賞を受賞している。映画版の脚本も舞台と同じくデヴィッド・リンゼイ=アベアーが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]