オマー・シャリフ、怒り抑制訓練を強いられる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オマー・シャリフ - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 オマー・シャリフが、2005年にビバリーヒルズのレストランで駐車係に暴言を吐き、暴行したとして訴えられていた事件で、被害者に対し1000ドルの賠償金を支払うこと、被害者に近づかない接近禁止命令と、事件の起きたレストランと目撃者への接近禁止命令を下された。シャリフは、自分がこのレストランを去る際、駐車係が車を用意していなかったことに腹をたて、駐車係を「馬鹿なメキシコ人」と呼び、殴りつけて鼻を折る怪我を負わせたそう。シャリフは当初、この訴えに対し無罪を主張していたが、実際に裁判が始まる日にこれを変更。怒りを抑制するためのトレーニングを受けるよう命じられた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]