『アラビアのロレンス』のオマー・シャリフ、アルツハイマー病に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オマー・シャリフ - Zak Hussein / Getty Images

 映画『アラビアのロレンス』『ドクトル・ジバゴ』などで知られる名優オマー・シャリフ(83)がアルツハイマー病を患っていることを息子のタレク・エル・シャリフがEL MUNDO紙のインタビューで明かし、エージェントもこれを認めたとPeopleなどが報じた。

【写真】オマー・シャリフ出演『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』

 タレクによると、オマーは自分の出演作のタイトルを混同してしまう状態で、この3年、記憶障害に苦しんできたという。「父はアルツハイマー病です。進行具合を判断するのは難しい状態ですが、改善の余地はなく、悪化していくのは明らかです」とコメントしている。

[PR]

 エジプト生まれのオマーは、『アラビアのロレンス』のアリ酋長役でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。同役でゴールデン・グローブ賞助演男優賞を獲得し、同時に有望若手男優賞も受賞している。また、1965年には『ドクトル・ジバゴ』でゴールデン・グローブ賞男優賞(ドラマ)の受賞を果たした。

最後に出演した長編映画は2013年の仏映画『ロック・ザ・カスバ(原題) / Rock the Casbah』だという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]