【フランス映画祭2007】カトリーヌ・ドヌーヴに観客興奮!照明が倒れ会場は軽いパニック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
麗しき63歳!

 15日、フランス映画祭2007のオープニング・セレモニーが六本木で行われた。ブノワ・マジメルや、リュディヴィーヌ・サニエら、約30名のゲストがレッドカーペットを彩った。

 その中でも、セレモニーをいっそう華やかにしたのは、オープニング作品『輝ける女たち』に主演している、映画祭代表団団長で10年ぶりに来日したフランスの大女優、カトリーヌ・ドヌーヴ。落ち着いた深緑色のドレスを身にまとい、車から降りたドヌーヴ。会場からは「カトリーヌ!」とあちこちから歓声が沸き起こった。

 ドヌーヴがレッドカーペット歩き始めると、カーペットの両脇にいた観客が大興奮! 写真撮影用に立てられていた照明が倒れそうになるなど、会場は軽いパニック状態になった。ファンは、写真とサインをねだる嵐。それに笑顔でこたえる彼女だったが、その熱烈歓迎ぶりに、驚きを隠せないようだった。

[PR]

 フランス映画祭2007は、3月15日から18日まで東京、横浜、3月18日から20日までは、大阪で開催され、長編16作品と短編8作品すべてがジャパンプレミア上映となる。

フランス映画祭2007公式サイトunifrance.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]